想像力

冬の寒い日、息を吐いたら白くなりますが、子どもはそんな事でもすごく面白がって喜びます。

「ねぇ、『はぁ~』ってやってごらん」と言うと「わぁっ!白くなった~」「お風呂みたいだね」「雲みたいだね」「すごいね!」と言い合う子どもとお友達。

雲を見たら「ドーナツみたい」「ソフトクリームだよ」
積み木やブロックでは適当に積んで組み立てては「これは○○」「こっちは○○だよー」と言い、続いてごっこ遊びも始まります。

本当に子どもの想像力ってすごいなぁ~と感心します。

それはお絵かきでも発揮されるので、お絵かき帳はすぐにいっぱいの絵で埋めつくされます。
こちらには何を描いてあるのか分からない物も多いですが、「分からない」と言ったら不機嫌になるのでこちらも想像力を働かせて考えなければならないのです。

それでも分からない時は「何かなー?」「もしかして○○かな?」と声掛けすれば喜んで答えが返ってきますが、その無邪気さが微笑ましいなぁと感じる日々です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

最近のブログ記事